シニアチーム

われわれはワン・チームを目指しております。


DCアドバイザリーについて

弊社は200人を超えるスタッフを、フランス(パリとリヨン)、ドイツ(フランクフルト)、ポーランド(ワルシャワ)そして英国(ロンドンとマンチェスター)の合計6カ所の欧州オフィスに常駐させています。

弊社の親会社は大和キャピタル・マーケッツであり、同社は時価総額約120億ユーロの日本の上場企業である大和証券グループの国際投資銀行部門です。大和証券がアジア太平洋地域全体で持つプレゼンスのため、弊社はアジア市場についての知識に加え、アジア大陸にまたがる各企業との強力な関係を持っております。大和証券が同じく出資している兄弟企業のSagent Advisorsは、同様のカバレッジとアクセスを米国全域で持っています。

また、スペインと北欧地域については、パートナー企業でいずれも弊社と15年以上の協力関係にあるDanske Bank Corporate FinanceおよびMontalbán Atlas Capitalを通じてサービスを提供いたします。

カルチャーおよび倫理

スクロールして更に読む

「DCの使命は都合のいいアドバイスでなく、適切なアドバイスをご提供することである。プロセスにただ従うのではなく、自らのサービスについてじっくり時間をかけて熟考する。適切と判断すれば、お客様に取引を見送るようアドバイスを行う。それこそが最高のアドバイスである」

DCのスタッフ調査に匿名で回答する